パパLOG

子育て初心者の新米パパが一人前のパパを目指すブログです。子育てや住宅購入で経験したことなどをメインに書いていきます!

知らないと絶対に焦る!赤ちゃんの熱性けいれんについて

f:id:yuuyuulife:20200114201529p:image

こんにちは!今回は熱性けいれんについて書いていきます!

突然なると親がパニックになるので、事前に知っておいた方が良いと思います。

 

職場の先輩と話しているときに、お子さんが熱性けいれんにかかった時の話を聞きました。

 

先輩曰く、突然白目をむいて体が震えだしたので、ただ事ではないと思いすぐに救急車を呼んだものの、救急車が到着する前に意識が戻り、病院に搬送された後も症状が出なかったため、そのまま家に帰ったとのことでした。

 

先輩のお子さんは熱性けいれんだったようで、今はすっかり体調も良くなり元気に過ごしているということでした。

 

自分の子どもが白目向いて震えていたら冷静にはいられないと思い、どんな症状なのか気になったので、熱性けいれんについて調べたことを書いていきます!

 

今回参考にしたのは、こちらのサイトです。

www.med.or.jp

熱性けいれんとは?

熱性けいれんは、字のごとく「熱があり、けいれんを起こす病気」です。生後5、6か月から5、6歳までの子どもに使われる病名で、尚且つ熱の原因が髄膜炎、脳炎など中枢性疾患や代謝性疾患ではないときです。

引用元: 白クマ先生の子ども診療所|日本医師会

 親からの免疫力が弱まる生後5,6か月頃から起こるようで、

  • 突然意識がなくなる
  • 白目をむいて、顔色が悪くなる
  • 身体をそらせたり、手足をガクガク震わせる

などの症状がみられるようです。

 

ほとんどの熱性けいれんは5~10分以内に自然に収まるようですが、15分以上続く場合には速やかにけいれんを止める処置が必要なため、救急車で病院に搬送する必要があるようです。

 

そうなると救急車を呼ぶべきか迷うところですが、調べていると医師によっても見解が分かれているようです。

 

稀に脳症や髄膜炎の初期兆候である可能性もあるので、5分ほど様子をみて収まらないようなら救急搬送するべきとの意見が多くありました。

 

脳に障害が残ったら悔やみきれないので、実際にけいれんを起こしていたら我が家は救急車を呼ぶことになりそうです。

 

私一人でいるときだったら、パニック状態になるだろうな・・・

けいれんを起こしたらどうすればいいの?

まずは安全な場所に側臥位にして寝かしましょう。

 

【側臥位】

横向きに寝ている状態。 右側を下にした姿勢を右側臥位、左側を下にした姿勢を左側臥位といいます。 身体のバランスを保ち、リラックスした安定性を保持するために腰を引き、くの字の状態にします。

引用元:側臥位【そくがい】介護用語集

 

このときに、嘔吐などを伴う危険性があるので、口の中にタオルや箸などを入れてはいけません!

 

なんで箸なんて入れるんだろうと思っていましたが、どうやらけいれん中に舌を噛むのを防ぐために割り箸などを口に入れる処置が以前はあったようです。

 

安全な姿勢を作り、救急車を呼ぶことくらいしか家族にできることはないらしいので、救急車を呼んだら、

  • けいれんが続いた時間
  • 発作時の身体の様子、体温
  • けいれんが終わってから意識が戻るまでの時間

など観察し、担当の医師に伝えることが診断のために大事なようです。

 

はじめて熱性けいれんを起こしても、再び熱性けいれんを起こす子どもは約30%のみです。熱性けいれんを繰り返しやすい子どもでは予防のために発熱時にけいれん予防の坐薬を使うことがあります。

引用元:一般社団法人 日本小児神経学会

 

引用元では30%のみと書いてありますが、私の場合30%再発するのかと思ってしまいました💧

最後に

今回熱性けいれんについて調べてみましたが、調べた感じだとすぐに命の危機につながるものではないから落ち着いて対処することが必要だということがわかりました。

 

ただ、実際に子どもが熱性けいれんになったら冷静ではいられないでしょう。

 

そのため、事前にけいれんが起こった時の対応について夫婦で考えておく必要があります。

 

我が家は救急車を呼ぶ前に、#7119#8000に電話をかけ、救急車要請の有無について対応を仰ぐことにしました。

 

それぞれ簡単に説明すると、#7119は救急車を呼ぶべきか迷った時に専門家からアドバイスを受けることができる番号で、#8000は休日・夜間に子どもの症状にどう対処したらよいか迷った時に小児科の医師や看護師に相談できる番号です。

 

#7119についてはこちら

www.fdma.go.jp

 

#8000についてはこちら 

www.jpa-web.org

 

恐らく通報者が焦っていたら救急車を呼ぶことを勧められると思いますが、専門家に判断を仰ぐことができるのは安心感があります。

 

熱性けいれんは5,6歳になっても起こることがあるようなので、大きくなったからといって安心せずに、各ご家庭での対応策について話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

~終わり~