パパLOG

子育て初心者の新米パパが一人前のパパを目指すブログです。子育てや住宅購入で経験したことなどをメインに書いていきます!

【気胸持ちの自分が考える】無理のない付き合い方!

こんにちは!おで夫です。

いきなりですが、【気胸】という病気をご存知ですか?

あまりメジャーな病気ではありませんが、俳優の「佐藤健」や、嵐の「相葉雅紀」が発症したこともあるようで、別名イケメン病とも言われているようです。

誤解がないよう言っておきますが、顔がカッコいいからなるわけじゃなくて、気胸になりやすい人は、

  1. 身長が高い
  2. 痩せ型の
  3. 若い男性

という特徴があることから、そのように言われているそうです!

私はイケメンではありませんが、身長が高く、痩せ型の若い男性という特徴に当てはまり、気胸になってしまいました😭

もちろん、この特徴に当てはまらない人もなりますが、患者の特徴からみて以上の3点に当てはまる人が多いようです。

気胸の症状は?

気胸の説明図

私は医者じゃないので、詳しく書かれたサイトをご紹介します!

たしかに息苦しさはありますが、私の場合は背中付近の鈍痛が強かったです。何度も気胸を繰り返した今では対処方法がわかってきたので、悪化することは無くなりました。

私が気胸を発症した経緯

私の場合は、休日に買い物帰りに車を運転していたところ、急激な心臓付近の鈍痛とめまいに襲われました。

最初は何が起こったのか分からず、心臓が悪いのかと思い、パニック状態になりました💦

助手席に親がいたので運転を代わってもらい、病院へ直行しました。

病院に着いた後、すぐさまレントゲンを撮り、診察を受けて早々、医者から一言。

医者「自然気胸という病気で、症状が重いので今日から入院してもらいます。」

私の心の声「ん??シゼンキキョウ!?」

疑問

知らない単語が飛び出してきたので焦りましたが、とりあえず心臓に関係がないことがわかり安心しました😔

その後、気胸という病気の説明を受け、肺にチューブを入れることになったのですが、これが痛かった。

チューブを入れる医者が新米だったのか、「あれ、これでいいんだっけ?」「ちょっと深いかな」など、患者からしたら不安を煽る言葉を連発してきました。

部分麻酔のため意識はハッキリしているので、ひたすらチューブを押し込む時の激痛と戦っていました💧

その後レントゲンで確認したところ、やはりチューブを入れ過ぎていたみたいで、再度チューブを少し抜いてレントゲンを撮りなおしました。

抜いた後はだいぶ楽になりましたが、あの時の痛さは忘れません😩

いよいよ手術日

胸腔鏡手術の図

肺のしぼみが良くならなかったので、手術することになりました。

私は胸腔鏡下手術という、体に小さい穴を3カ所開ける手術を行いました。

この手術は、開胸手術に比べて身体に負担の少ない手術ではありますが、再発率の高さがネックでした。

私の場合、再発は怖かったですが、体の負担と医者の勧めもあり胸腔鏡下手術を行うことにしました。

手術日当日、手術室に連れていかれて全身麻酔を受けた後は、気付いたら個室に移動していました。

意識が戻った時、痛みはあまりなかったですが、時間が経ってくると手術で体を切っているため熱が出てきて、夜はほとんど眠れませんでした💧

翌朝になると熱もだいぶ引いてきて、体も楽になってきました。麻酔が切れても手術した部分はほとんど痛まず、術後3日ほどで退院しました。

手術後

退院してから一週間ほど経った後、抜糸のため病院を訪れました。

抜糸する前は出ベソのように膨れていた手術痕も、抜糸後は綺麗に平らになり、目立たなくなりました。

もし記事をお読みの方の中に、手術後の膨らみが気になっている方がいたら、医者の腕にもよりますが、抜糸をしたら落ち着くと思うので安心して下さい!

私は「このまま出っ張ったままなのか」と本気で心配したので、戻って一安心しました😊笑

手術から10年経過した今

元気な男性

歳をとり、肉付きがよくなってきたからかもしれませんが、気胸の症状に悩まされることはほとんどありません。

たまに独特の鈍痛がやってくる時がありますが、そういう時は疲れている時か姿勢の悪い時なので、意識的に休憩をするようにしています。

手術後の数ヶ月はちょっとした痛みにも敏感になり、再発の恐怖と戦っていましたが、時間が経つにつれてその恐怖も薄れていきました。

自然気胸の原因はハッキリしていませんが、ストレスの影響が考えられるという意見もあるので、私は「なったらなったで仕方ない!」と諦めることにしました😄

対処法がわからない以上、深く考えていても仕方がないですからね。運動も制限することなく、やりたいことをやって過ごしています。

楽しんでいる男性

ただ、スカイダイビングやスキューバダイビングなど、気圧の変化があるものはやめるよう医者から言われたので、それはやめるようにしています😥

以上のように、私は気胸を発症しましたが、特に何かを制限することなく、自由に生活しています。

気胸発症直後の方は何をするにも不安だと思いますが、深く考えすぎず、徐々に自分のやりたいことをやって、日々の生活を楽しんで下さい!

【ストレスをためずに毎日を楽しむ】

それが一番の対策だと思います。

身内の方に気胸で悩んでいる方がいらっしゃいましたら、不安に思っていると思いますので、是非話を聞いてあげて下さい。

この記事が少しでも気胸に悩んでいる方の参考になったら幸いです。

〜終わり〜