パパLOG

子育て初心者の新米パパが一人前のパパを目指すブログです。子育てや住宅購入で経験したことなどをメインに書いていきます!

【これから住宅展示場を見始める方へ】事前に確認してほしい4つのポイント

f:id:yuuyuulife:20200111200831p:image

今回は住宅展示場で見るべきポイントについて書いていきます!

私たちも何か所も住宅展示場を回って、沢山悩みました。

 

一戸建ての購入を検討されている方は、数多くのハウスメーカーや建築事務所から希望が叶う会社を探していることでしょう。

 

私たちは戸建てを購入するときに、どのように家づくりを始めたらよいのかわからなかったので、とりあえず住宅展示場に行って話を聞くことにしました。

 

(パパ)考えるより、まず行ってみよう!的な軽いノリだったよね。

(ママ)購入予算とかしっかり話し合ってからの方が、色々決めやすかったかもね。

 

住宅展示場は回っていて楽しいですが、ただ見ているだけだと無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

 

興味のあるハウスメーカーだと一か所に2時間くらいは滞在すると思うので、要点をまとめておかないと疲れ果ててしまいます。

 

そうならないためにも、簡単ではありますが住宅展示場で見てほしいポイントについてまとめてみました。

 

展示場を回るうちに作りたい家の方向性が見えてくると思うので、その都度メモして聞き漏れがないようにしてください!

現実的な間取りを提案してもらう

最初にお伝えしておきますが、モデルハウスはかなり大きいです。

 

100坪くらいの土地を買える財力があるなら話は別ですが、私のような庶民がモデルハウスのような家を建てようと思ったら、私だけの給料では借金まみれになってしまいます。

 

そのため、まずは自分たちが建てたい家の大きさをイメージして、その間取りで家を建てた場合どのくらいの値段になるか最初に聞いてみてください。

 

営業担当者はプロなので、希望の大きさでの平均的な値段は教えてくれると思います。

 

ハウスメーカーによって坪単価は変わってくるので、まずは値段を確認したほうが時間を無駄にしないでしょう。

 

子ども部屋2つと夫婦の部屋、大きなリビングに6畳くらいのそらのま。あと、屋上も欲しいなぁ~。

どこにそんなお金があるのよ!

標準で付く設備のグレードを確認する

モデルハウスにはグレードの高い設備が付いていることが多いので、注意が必要です。

 

というのも、住宅展示場の家は言わばハウスメーカーの顔になる部分なので、各社自信を持ったモデルハウスを作ってきます。

 

建てたい大きさでの値段を聞いて、このくらいなら建てられると思っても、希望する設備がほとんどオプションの設備ばかりでは、実際に見積もってもらったら大幅に赤字になってしまうでしょう。

 

うちはヘーベルハウスに決める前に、自分たちが建てようとしている家に標準で付く設備についてしつこいくらいに聞きました。

 

その中からこだわりたいものとそうではないものに分けて、こだわりのないものはグレードを下げるなどして値段の調整をしました。

 

設備の見本がある営業所には何回も足を運んだね~。

特にキッチンは迷って何回も見に行ったね💦

窓ガラスに触ってみる

これは一条工務店の営業さんに聞いたのですが、モデルハウスに行ったら窓を触れば気密性がわかるらしいです。

 

営業さんいわく、気密性の高い家は窓ガラスの気密性も高いので、窓ガラスを触っても外気を感じないということで、確かに気密性に自信を持っている一条工務店の窓ガラスは2月の寒い時期でもひんやりしなかったです。

 

ちなみにヘーベルハウスの窓は若干ひんやりでした。(汗)

営業担当は誠実か?

個人的にとても大事だと思うのが営業担当の人柄です。

 

どんなに素晴らしい家を作る技術と知識があっても、それを提案する担当者がポンコツではどうしようもありません。

 

参考までに我が家の営業は、

  • 他社の批判をする。
  • 前回の打ち合わせ内容を忘れる。
  • 自分の利益を考え、施主のことを考えない。

 

他にも打ち合わせの約束を忘れるなど挙げればきりがないポンコツ君でしたが、彼の上司や現場の方が誠意のある方々だったので、なんとか私たちも怒りが爆発せずに家作りをすることができました。

 

ちなみに家を建てた後、一回も音沙汰がありません。

他の担当者が良かっただけに、営業はだけは本当に残念だったなぁ。

 

ちなみに、私たちが回ったハウスメーカの中で一番営業さんが良かったのが一条工務店です。

 

自分たちについてくれた営業さんは提案力もあり、私たちの話をしっかり聞いてくれる良い方でした。

 

この営業さんとヘーベルハウスで出会えなかったことが本当に残念です。

最後に

 消費税が10%に上がってしまいましたが、住宅ローン控除期間が期限付きではありますが13年に伸びているので、今住宅購入を検討されている方は多いと思います。

 

 

住宅展示場を回っていると最初は色んな家が見れて楽しいですが、目的をもって見学しないと次第に全部同じような家に見えてきて、疲れだけが溜まるようになってしまいます。

 

どのハウスメーカーも「うちは耐震性能が高い家です!」アピールをしてきたよね。

最初はすごいと思ったけど、どこも同じこと言うから差別化が難しかったね。

 

そうならないためにも、見学をする前に最低でも建てたい家の大きさや間取りくらいは考えてから行くことをオススメします。

 

 これから住宅展示場を回る方は期待と不安でモヤモヤしていると思いますが、住宅について考えるよい機会ですので、沢山悩んでください!

 

納得して家を建てることができるハウスメーカーと出会えることを願っております。

 

~終わり~