パパLOG

子育て初心者の新米パパが一人前のパパを目指すブログです。子育てや住宅購入で経験したことなどをメインに書いていきます!

【自分の手を発見!】赤ちゃんのハンドリガードについて

f:id:yuuyuulife:20191201223001p:image

こんにちは!おで夫です。

赤ちゃんが動くようになると嬉しい反面、心配が増えますよね。

大人しくしてると思って、少し目を離した隙に布団から落ちそうになっていることがあって焦ります💦

3か月を過ぎたころから寝返りをしようとしてるのか、足で踏ん張ってのけ反ることが増えました。

まだ首が座っていないので頭が置き去りになっていますが、そのうち気づいたら寝返りをうってそうです。

(パパ)どれどれ様子を見てみようかな・・・あれ!見てないうちに寝返りうってる!

(娘)あう~!(ドヤ顔)

最近は手も上手に動かせるようになってきて、右手はだいぶ思い通りに動かすことができてそうですが、左手はまだ動かしづらそうです。

おもちゃが右にある時は触ろうとしますが、左に移動すると諦めてしまいます。(笑)

最初の頃は見てるだけだったのにと懐かしくなりながら、そういえばじっと手を見つめる行動(ハンドリガード)はどんな役割があるのか気になったので調べてみました。

ハンドリガードとは?

ハンドリガードとは、手(hand)を凝視する(regard)ことで、直訳すると「じっと手を見ること」らしいです。

確かに、最初は握りこぶしをじーっと凝視してましたね。

時折手をブンブン振り回す姿がたまらなく可愛かったです(*'ω'*)

次第に指が動くようになってきて、器用にものを掴むようになってきました。

今では顔を近づけると、ほっぺたを嬉しそうにつねってきます。(笑)

少し痛いんですが、その様子が可愛いので懲りずに顔を差し出してしまう自分がいます。

(娘)あう~!(頬をつねる)

(パパ)娘ちゃん凄いね~!(ちょっと痛い・・・)

なんでハンドリガードをするの?

ハンドリガードをする理由としては、

  • 視覚の発達
  • 脳の発達
  • 運動機能の成長
  • 好奇心

などが考えられているようです。

確かに今までぼーっと回りを見ているだけだった娘が、集中して手を見ることができるようになったのは進歩だと思います。

一生懸命手を伸ばしている姿は可愛らしくて、ついつい見入ってしまいます(*´ェ`*)

よだれが出るようになる

ハンドリガードを始めたころからよだれが出るようになりました。

特に手を口に持っていった後は、顔中よだれまみれになってしまいます(;´・ω・)

 乳歯が生えてくる3~4か月ごろからよだれが目立つようになるらしいので、ちょうど時期が被ったんですかね。

手がよだれまみれになっていると止めさせたくなりますが、手を舐める動作は赤ちゃんの成長に重要な意味をもっているようなので、見守ることにします。

最後に

手をじっと見つめる姿は愛らしいですよね。

最近はおもちゃを近づけると手を伸ばして掴むようになったので、親も一緒に遊んでいます。

大人からしたら手を見つめてるだけにしか見えませんが、赤ちゃんの脳はフル回転で色々考えているんですね。

これからも色んな物に触れて、たくさん刺激を受けて育ってね(*´ェ`*)