パパLOG

子育て初心者の新米パパが一人前のパパを目指すブログです。子育てや住宅購入で経験したことなどをメインに書いていきます!

【安定期突入?】妊娠16〜22週目について

こんにちは!おで夫です。

先日、3ヶ月になる我が子とお風呂に入って小さな体を洗っていたところ、私の太ももの辺りに温かい何かを感じたので目線を向けると、気持ちよさそうにお漏らししてました。笑

漏れちゃったの-!?と言うと嬉しそうに笑っていたので、逆に癒やされました。

子どもの笑顔の力恐るべし。

最近よく笑うので、私たちも笑顔になることが増えました😊

本題

今回は妊娠16〜22週目頃までの様子について書いていきます!

一般的に16週を超えると安定期とされているので、夫婦共々少し安心しました😊

つわりがまだ続く奥さんからしてみたら、やっと16週といった心境だったでしょう。

今まで体調が悪く横になることが多かったのですが、調子の良い日も増えてきたので、一緒に買い物や散歩に行くことも増えました。

買い物をする女性

ただ、約2ヶ月間あまり歩いていなかったので、久しぶりに散歩に行ったときは激しい筋肉痛に襲われていたようでした💦

16週目に入ってからの変化

大きな変化はありませんが、徐々につわりは軽くなっているようです。

つわりが始まり5キロほど減ってしまった体重も2キロほど戻ったらしく、ちゃんと食べれているようで安心しました。

ただ、油断していると吐き気や胃のむかつきが起こるようで、まだまだ気が休まらないようです。

吐きそうな女性

この頃はお腹の変化はまだほとんどありませんでした!

毎日気にして見ていましたが、若干お腹が張ってきたかな〜くらいで、正直食べ過ぎたときのお腹と見分けはつかないくらいです。

男の私にはお腹が大きくなる感覚がわからないですが、お腹に3キロ以上の、しかも大切な赤ちゃんが入ってると思うと、この頃からの奥さんの気苦労は計り知れません😥

16週目の赤ちゃんの様子

この時期になると、体だけではなく聴覚や記憶をつかさどる脳の「海馬」といわれる部位も発達し、なんと耳が少しずつ聞こえるようになっているみたいです!

そのため、赤ちゃんに話しかけるのも聴覚刺激になり、良い影響を与えるようです。

よく聞く【胎教】を始めるのもこの頃からだと言われています。

胎教をする母親

また羊水も増えているため、プールで泳ぐようにして手足の骨格や筋肉を発達させているようです。

お腹の中で健気に手足をバタつかせている我が子を想像すると、とても愛おしくなります😊

妊娠20〜22週目

妊娠20週目頃から胎動らしき違和感を感じるようになり、22週を迎えた頃にはお腹に手を置いていると私でも胎動を感じることができるようになりました。

初めて胎動を感じたときはとても感動しました😊

お腹の中で頑張って動いているんですもんね。

そんな健気な様子を想像すると、可愛くて仕方がなくて仕事の疲れも吹っ飛びます!

この頃は20分サイクルで寝起きを繰り返しているようなので、頻繁に胎動を感じるようです。

まだ胎動も小さめですが、段々と胎動も強くなってくるとけっこうな衝撃がくるようです💦

奥さんの体調が安定してくる

妊娠18週目を超えた頃からだいぶ体調が安定してきて、それまで食欲がなかったのが嘘のように食べられるようになりました!

本人も「このまま一生美味しくご飯食べられなかったらどうしよう」と割と本気で考えていたようなので、二人とも安心しました。

とはいえ安心ばかりしてられず、食べられるようになると体重の増加が心配の種になってきたので、二人でウォーキングしたりしながら健康的な生活を心がけました。

一時期マックのポテトが無性に食べたくなっていた時期がありましたが、それもなくなったようなので安心しました😄

最後に

この頃になると、気持ちの面でも少し楽になりました。

16週を過ぎた頃から、検診の度に性別がわかるんじゃないかとソワソワして、行くたびに聞いていました。笑

子どもについて話す夫婦

事前に知っていた方が、名前や洋服を時間をかけて選ぶことができますからね。

この頃は安定期といわれているので、辛さのピークの時より楽になっていると思います。

とはいえまだ安心はできないので、これぐらいの週数の方は無理することなく、家事も旦那さんに手伝ってもらいながら過ごしてください。

私も含め世の中の男性は家事が苦手な人が多いので、今のうちから少しずつできることを増やしておかないと、お互い後々辛くなりますよ😓

お互い家事ができると、足りないところを補えますからね。

奥さんが辛いときに家事を手伝わない旦那さんは、子どもが生まれても手伝わないと思います。

夫婦の一方がストレスをため込むことのないよう、よく話し合いながら過ごしてくださいね!

〜終わり〜